我が子が習う子供のスイミングの進級試験について

Jesse Cochrane-AdolfsonJesse Cochrane-Adolfson / Ellysia Oldsen


我が子は、地元にございますスイミングスクールに通っております。最近では、小さい子供達をプールに通わせる家庭がとても増えてきております。やはり、小学校に入りまして、体育のプールというものは、実際に、習っている習っていないで、とても大きな差となってしまいますので、少しでも早い段階からプールに慣れさせる意味でも、通わせる親が増えているのでしょう。

我が家でも、そのような想いから、子供たちをスイミングスクールに通わせるようになりました。幼稚園生、小学生が中心となるスイミングスクールなのですが、そのクラスというものは、実に20級ぐらいの階級にわかれておりまして、月に一回、各クラスでは、進級試験が実施されるのです。一ヶ月で学んできたものの集大成となるのが、この進級試験となってきます。

そして、進級試験に合格をすると、次のクラスに進み、不合格となれば、さらに一ヶ月、同じクラスで練習を重ねまして、翌月の進級試験に臨むことになります。さらには、春や夏、そして冬休みになりますと、子供達は学校が休みに入りますので、そうした時期を利用して、短期集中特訓コースというものも、別料金で、設けられていたりするのです。子供達の成長はとても凄いものがあります。


◆SPONSOR LINK◆