子供がスイミングでバタフライができたら、たいしたものです。

Jesse Cochrane-AdolfsonJesse Cochrane-Adolfson / Ellysia Oldsen


子供に習わせたいならいごとして常に上位に入るのがスイミングではないでしょうか。スイミングのいいところはこれから学校生活が始まるときに水泳の時間を楽しく泳ぐことができますし、また、海水浴などに出かけたときも自然な水泳方法をマスターしていますので、より力をかけずに泳ぐことができて安全な面もあるのです。さて、スイミングスクールでは階級があります。

スイミングスクールでは、子供の水泳能力が上がるにつれて、レベルアップしていく階段があるわけです。これが非常に楽しいのです。子供にとってはまずはビート板からの足動かしからはじまり、クロール、そして平泳ぎと覚えていきます。先生に泳ぎ方をみてもらいそこで合格できたら次の泳ぎ方をマスターしていくわけです。そして、バタフライはこうした泳ぎ方の中でも一番上の階級になっています。

両手と足の力を使って、泳ぐ方法なのですが、これがなかなか難度が高いのです。子供ですのでパワーだけでいこうと思っても前に進むことができません。手を動かし、そして足も魚のようにして泳ぐこのバタフライの泳ぎ方はまさに水泳の花形ともいえる形で泳げるようになると非常にかっこいいものです。なので、これからスイミングを始める方はこのバタフライまでマスターする意欲をもってチャレンジしてほしいところです。


◆SPONSOR LINK◆