平泳ぎをスイミングで学ぶのは子供にとって大事です。

Jesse Cochrane-AdolfsonJesse Cochrane-Adolfson / Ellysia Oldsen


水泳技法の中でもっとも使えるのが平泳ぎです、平泳ぎは一番からだの力を使わずに泳ぐことができますので、これが体力のない子供とって最適ですし、また海にいったときなども正しい平泳ぎをマスターしていることでより余分な力を使う必要がありませんので、安全に海水浴を楽しむことができます。では、こうした平泳ぎを学ぶためにはどのようにすればいいのでしょうか。

オススメはスイミングスクールで教えてもらうことです。泳ぎを習うというと学校の体育の時間しかないものですが、体育の時間だけでは、正しい平泳ぎをマスターするまではなかなかいけないものです。やはり子供のころに毎週スイミングスクールに通うことでやっと正しい平泳ぎ方法は身につくものですので、こうしたスクールに通って泳ぎ方を身につけるのがオススメです。

平泳ぎをする際のコツとしては、細かな点がものをいう泳ぎ方なのです。足のけりだし方、そして手の水のかきかた、この2つのポイントがあわさって、はじめて力をつかわない平泳ぎというものができますので、やはりしっかりとトレーナーの方についてもらって、何度もその泳ぎ方の技法をチェックしてもらうのが一番でしょう。子供のころに学んでおけば2年程度でマスターできますので、早めに練習しておくことがベストです。


◆SPONSOR LINK◆

  • ダイエットスクール 川口
    埼玉県蕨市中央のフィットネスクラブ・スポーツクラブ・スポーツジム【スポーツクラブ ルネサンス 蕨】