クロールの泳ぎ方を子供はスイミングで覚えましょう

Jesse Cochrane-AdolfsonJesse Cochrane-Adolfson / Ellysia Oldsen


クロールは覚えるとその速さに酔いしれると思います。水泳の中でお友達と競争するときにもっとも速さを競い合うときにこの泳ぎ方をすることが多いですので、クロールをマスターしておくことは、夏場の海水浴にプールの時期に重宝するかと思います。では、このクロールですが、子供のころだとスイミング教室で教えてもらうのがベストです。詳しい技術解説をしてもらうことができます。

また自分がクロールの泳ぎ方をマスターするまでは、その泳ぎ方をマスターしないと上の級にはいくことができないので、ゲーム感覚のようにやりがいがあったりします。こうしたスイミング経験者の筆者がそのクロールのコツを伝授しますと、まずはバタ足が大事です。力強くバタ足でけること。これによってスピードアップします。そして息継ぎをするときもポイントがあるのです。

それは自分の腕とほぼ同じぐらいの距離で顔を上げることです。水面に顔を上げたときに自分の二の腕とぶつかるぐらいのイメージでコンパクトに息継ぎをすることが速く泳ぐための秘訣だったりします。もちろん手を海面から水中へと入れるときは手の先は矢のように尖らしておくことも忘れてはいけないポイントです。このような泳ぎかたといってもたくさんのポイントがありますので、スイミングスクールで学ぶことをオススメします。


◆SPONSOR LINK◆