子供のころのスイミングでビート板でバタ足練習

Jesse Cochrane-AdolfsonJesse Cochrane-Adolfson / Ellysia Oldsen


子供のころ、スイミングに数年間通っていた。まずはふちに座ってバタ足の練習から始め、コーチにキックがうまくできるように実際に足を動かしてもらい、強くバタバタできるように練習していた。その後は浮く練習のため、両腕に浮き輪みたいなものをつけてプールの中に入り、自分の足で水の中を歩くようにして進んでいった。これで水に浮くということに慣れるためであろう。

それができたら、次は自分のキックで前に進む練習である。ここでビート板が登場した。ビート板の上に上半身をのせ、足はプールの中にいれ、練習したバタ足の力だけで前に進む練習である。これで十分進めるようになると、ビート板をなくして次は手の動きもつけて前に進む練習になってくる。これからクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの順番でマスターしていくことになる。

ある程度自分が泳げるようになるとビート板を使って前に進むことが難しくなる。実際に使ったことがあるが、こんなにも前に進めないものか、と少し落胆したことがある。やはりクロールなどは手で水をかいて進む部分が多いので、腕の動きがなくなった分、進みが悪く感じたのであろう。海などで浮いている分にはビート板を使ってばたばたしているのはよいかもしれない。


◆SPONSOR LINK◆

  • コールセンター 港区
    東京都のコールセンター求人一覧|コールセンター求人・派遣の情報を探すなら、セントメディアのコールセンターWORK!オペレーター・テレアポ・テレマーケティング等、様々なコールセンターの求人情報をご用意!スーパーバイザー(SV)の求人を始め、高収入・高時給の求人情報が満載だから、あなたにぴったりのお仕事がきっと見付かります。